エコ 畜産

Dominion 「キツネ」全文書き出し

Dominion 「キツネ」全文書き出し

以下、Dominion 「キツネ」全文書き出し

 

使用:衣服・娯楽

 

ミンクの後、キツネは毛皮のために2番目に 一般的に飼育された動物であり、同じ問題の多くに直面しています。

中国の毛皮農家は、自分たちの利ざやが 非常に少ないので、キツネを殺すために、もっとも残忍な方法で効率的に行う以外の 余裕は全くないと主張し、

多くのキツネは、時間と労力を節約するために、 生きたまま皮を剥がされています。

オーストラリアには、イギリスの入植者から 伝統的なキツネ狩りのスポーツが導入され、

後に餌となる野生ウサギの導入が制御される されるようになった現在、キツネは国中で、害獣に分類されており、

生息数は、700万匹を超えると推定されています。

キツネの狩猟や射撃は、個人所有の土地では、すべての州で合法です。

消費されている動物が、誤って野生化したり、犬のような愛玩動物を、最も一般的に駆除する方法は、「1080」 という名称の、毒餌を使用することです。

「1080」は無色、無臭で味が無く、すべての犠牲動物は、ゆっくりと苦渋の中で 死に至ります。

-エコ, 畜産

Copyright© MASA mini Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.