エコ 畜産

Dominion 「ミンク」全文書き出し

Dominion 「ミンク」全文書き出し

以下、Dominion 「ミンク」全文書き出し

 

使用:衣服・化粧品

 

ミンクは、一般的な毛皮の供給源で、 衣類、アクセサリー、まつ毛エクステンションにまで 使われています。

オーストラリアにはミンクファームはないため、ミンクの毛皮は、海外から輸入されています。

野生としては、彼らは生息地としておそらく、個別に、2500エーカーの湿地を占有しています。

毛皮のために何世代も、飼育されているにも かかわらず、好奇心旺盛で孤独を好むこの動物は、

監禁による大きな苦しみを受けている ことが判明し、小さなワイヤーケージに拘束されて、 慢性の退屈とストレスによって、

常同行動と自虐行為にさいなまれています。

 

 

繁殖に使用されるミンクは、これらのケージに 4〜5年間飼育され、毎年、一度の出産で3、4匹の子が産まれて 生き残り、

6ヶ月齢で屠殺されて、毛皮をはがれます。

エンジンによる、排気ガスで満たされたガス室、 または密閉ボックスは、ミンクを殺す一般的な方法ですが、

必ずしも致命的ではないため、毛皮をはがされている間に、 何匹かは意識を戻します

「ああ、まだ動き回っている、あちこち蹴って...」

「他の死体の胴体の下に残っている空気を吸っている...」

その他に、アナル感電や単純に首を折る 屠殺方法が、一般的な選択肢です。

「こいつは、まだ呼吸をしている」

-エコ, 畜産

Copyright© MASA mini Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.