エコ 畜産

Dominion 「エキゾチック動物」全文書き出し

Dominion 「エキゾチック動物」全文書き出し

以下、Dominion 「エキゾチック動物」全文書き出し

 

使用:研究・娯楽

 

数百頭のマカクザル、マーモセット、 ヒヒが、毎年オーストラリアの研究所に、提供されておりそれらは、3つの政府資金援助による飼育施設に よるものです。

強力なセキュリティの裏で、公衆の目には隠れていたこれらの研究所は、さまざまな生物医学的実験を 行っていて、こうした霊長類動物が、利用の末に廃棄されています。

他の霊長類はサーカスのために捕らえられ、そこでは、彼らはケージでの閉じ込めによる 極端な退屈から解放されますが、観客のために振舞うだけです…

または、動物園でその姿を披露されます。

 

 

オーストラリアで捕獲されたライオンや トラは同じ目的で利用され、退屈な生活を送ったり、欲求不満を抱えており、入場を払っている見物客の娯楽のために、 生きる屍になっています。

表面上は、これらの動物や他のエキゾチックな 動物を見せる娯楽や展示は、不思議と興奮を呼び起こすかもしれませんが、 足をとめてよく観察すると、

彼らの常同行動などが認識でき、それらは捕獲されたすべての動物に共通の 心理的状態の徴候である、”動物園精神疾患”と名付けられているものです。

クイーンズランド州の熱帯の中で、シーワールドは、オーストラリアで唯一、 捕獲された北極グマを、飼育しています。

これらの動物が自然適応しているのは、凍結のある極地の環境条件であり、野生ではわずか24時間で70km以上泳ぎ、年間平均で移動距離が、3000kmにおよびます。

ここでは、かれらは、約30×40メートルの囲い檻に閉じ込められて、 ずっと生活しています。

-エコ, 畜産

Copyright© MASA mini Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.