エコ 畜産

Dominion 「ウサギ」全文書き出し

Dominion 「ウサギ」全文書き出し

以下、Dominion 「ウサギ」全文書き出し

 

使用:食物・研究・ペット

 

オーストラリアのウサギ繁殖農業は、苦戦しています。

野生のうさぎを根絶するために導入された、 伝染性の高い病気が、昆虫によって運ばれて、汚染により農場全体が あっという間に閉鎖となったり、

その一方で、安価な価格競争が、野生のウサギを捕獲して殺したハンター との間にあります

 

 

食肉用として飼育されているウサギは、床の上に懸架されたワイヤーケージの中で、 一生を過ごし、

穴を掘ったり、隠れたり、飛び跳ねるような、 本来の自然な行動を経験することができません。

ケージの下の床に、糞尿が蓄積すると、高レベルのアンモニアが発生します。

 

繁殖維持のための雌ウサギは、 これらの強制状態で、最大で56週間生存し、 7匹の子を産みます。

本来のウサギの大半は、8-12歳まで 生存可能ですが、12週齢で殺されます。

3〜4千頭のウサギが、科学的研究と 動物実験のために、オーストラリアでは、毎年使われており、

その多くはビクトリアにある、 この施設から供給されています。

 

 

オーストラリアで販売されているほとんどの 毛皮製品は、海外から輸入されており、その多くは、ウサギから刈り取られたものです。

2015年、衣類ブランドのAkubraは、 オーストラリアでの操業を停止し、ヨーロッパからウサギの毛皮を輸入し始めました。

オーストラリアはまた、世界最大の毛皮輸出国である 中国から毛皮を輸入しています

潜入調査官が調査した、10ヶ所の ウサギ毛皮農場のうち半数が、生きているウサギから、毛皮を プラッキング(抜き取り)しており、

そのプロセスは、3ヶ月ごとにウサギが、ワイヤーケージで生きている間、 繰り返されていました。

 

 

プラッキングは、より長く、より有益となる 毛をもたらすとされて、せん毛または刈り込みと比較されます。

ウサギが老化するにつれて、彼らの 毛皮の成長は少なくなり、最終的には吊り下げられて、最後の 収穫として皮をはがれますが、

しばしば、生きたまま行われます。

一つのAkubraの帽子のために、 12頭のウサギが殺されています。

世界規模では、毎年10億匹以上の ウサギが、毛皮のために殺されています。

 

-エコ, 畜産

Copyright© MASA mini Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.