エコ 畜産

Dominion 「ラクダ」全文書き出し

Dominion 「ラクダ」全文書き出し

以下、Dominion 「ラクダ」全文書き出し

娯楽・衣服・研究・食物

 

ラクダは、1800年代にオーストラリアに 持ち込まれて、輸送用に使用され、その後、自動車の出現に伴って、 野生に放されました。

2008年までに、ラクダの生息数は 約60万頭と推定され、政府によって、淘汰プロジェクトが 主導されており、

ラクダの数を効率的に、 半分にするように、原則的なヘリコプターからの 射撃だけではなく、ラクダを集めて、屠殺場に運び、

米国と中東に輸出するための実行策を、今日も続けています。

人間との接触なしに、自由に放浪する ことを、自らの生で費やして来たため、突然の拘束と強制的な取り扱いは、ラクダにとっては、完全に違和感を 伴っています。

 

「ちょっと、怒ってる」

「まあ、こいつはヨメのように怒ってやがる」

「くそ、前に進みやがれ、のろまなメス」

 

野生のラクダの捕獲数が増加しているのは、拡大する業界の一つとして、ラクダの乳業が、牛乳製品より健康的な代替品として 売り込みをしていることや、

空中からの淘汰という二者択一の 無駄を減らすためです。

 

-エコ, 畜産

Copyright© MASA mini Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.