エコ 畜産

Dominion 「ヤギ」全文書き出し

 

Dominion 「ヤギ」全文書き出し

以下、Dominion 「ヤギ」全文書き出し

 

使用:食物・衣服

 

年間屠殺数:オーストラリア 230万頭、ニュージーランド 10万頭、中国 1億6300万頭

ヤギは牛と同じように酪農用に飼育され、ミルクの持続的な供給を確保するために、 繰り返し妊娠させらます

オーストラリアには、わずか約65ヶ所の 農場を持つニッチ産業が存在し、より消化がしやすい代替品として、 ヤギのミルクが、

牛乳アレルギーのある人に適したものとして、 市場に出回っています

世界規模では、多くの人々が他の動物の乳 よりも、ヤギのミルクを飲んでいます。

 

ミルクを生産することができない 牡ヤギの子供は、一般に廃棄とみなされ、出産直後に農場で 殺されますが、

雌ヤギの子供が、ミルクを生産するために 大きくなるまでの間、いくつかの農場は、そのような過剰なヤギを、 食肉用に飼育して販売しています。

授乳中の母親は、屠殺されるまで、 1日2回、最大10年間搾乳され続け、

ピーク時には、一頭あたり1日4リットルもの 乳が搾乳されて、ヤギミルクとして、販売されたり、

チーズ、バター、アイスクリーム、ヨーグルト、 石けんなどがつくられています。

 

オーストラリアは、世界最大のヤギ肉輸出国であり、その大半は、米国に輸出されています。

肉のために繁殖と飼育をされるヤギは たったの10%であり、残りは放牧のヤギで、国内で逃れて野性化したものであり、

かつて、ヨーロッパからの入植者が、 オーストラリアに持ち込んだものが、原種です。

これらの放牧飼いのヤギは捕獲され、ヤギ畜舎と呼ばれる飼育場に運ばれ、 そこで屠殺される前に肥育されます。

 

妊娠中の動物が屠殺場に送られるのは 珍しいことではなく、運搬車内や屠殺前の繋留場で 必然的に産まれ、

屠殺場の床に集められるまでの短い間、残された赤ちゃんヤギは、飢えや 野ざらしにされ、死を前にして 、彼らの死んだ母親を求めて叫び続けます。

-エコ, 畜産

Copyright© MASA mini Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.