エコ 畜産

Dominion 「牛」全文書き出し

Dominion 「牛」全文書き出し

以下、Dominion 「牛」全文書き出し

 

使用:食物・娯楽・衣類・製薬

 

年間屠殺数:オーストラリア 870万頭、 イギリス 270万頭、アメリカ3100万頭、 ニュージーランド 470万頭、カナダ 300万頭、 中国 4900万頭

人間と同様、牛は、わが子との密接な結びつきが強い母性的な存在であり、そして牛乳の生産のために、出産をさせられています。

酪農場では、彼女らは強制的に妊娠させられており、毎年、搾乳をし続けるために、通常の自然な交配よりも、むしろ人工授精によっています。

 

作業労働者は牛の肛門に腕を挿入して、彼女らに雄牛から集められる精液を注射している間、 子宮頸部を保持する必要があります。

彼女らの子牛は生まれてからわずか数時間で奪われてしまい、

その子牛のための母牛の乳が集められて、人間が消費するために 牛乳として売られています。

離れ離れにされたその日から、母牛は昼夜を問わず、自分の子牛を探します。

彼女たちは数日から数週間も深く悲しむことが、 知られています

 

雄の子牛は、”ボビー”と呼ばれ、酪農産業では用無しと考えられており、その理由は、彼らがけっして牛乳をつくることが できないからです。

雄の子牛たちは隔離されたまま、5日間も立たないうちに、 トラックに集められて屠殺場に送られます。

彼らは最後の30時間前から、食糧を与えられなくなります。

飢えて、混乱し、死に物狂いで 愛情を求めて、屠殺場の支柱から、母親にむかって 必死に叫びます。

そして翌朝には屠殺されます。

 

スタナー(気絶処理)を避けたり、不適切に 気絶処理された牛は、意識のあるままで、殺されます。

オーストラリアだけで、毎年約70万頭の牡牛が、酪農産業の廃棄物として屠殺されています。

少数の牡の子牛は、20週齢まで長く育てられ、ヴィール(仔牛肉)用として屠殺されます。

また、雌の子牛も隔離されて、代替の粉乳を与えられ、やがて妊娠されられた後、乳牛のサイクルに入ります。

1日、2〜3回、搾乳中の牛は搾乳庫に集められ、産業用の搾乳機に接続されます。

自然な条件では、彼らは20年ほど生きることができます。

 

酪農場では、4〜8年しか生きれませんが、何頭かはダウンしてして、プレッシャーに屈してしまい、

繰り返される妊娠出産と、最大10倍にもおよぶ牛乳を自然状態に比べて、生産し続けて、

牛乳の生産力が衰え始めると、屠殺場に送られます。

続けるには痛み過ぎていると、判断されても同様です。

 

牛肉産業においては、人工授精は、自然交配よりも 好ましいとされており、

牛肉のために飼育される子牛は、様々な痛みを伴う 外科的処置について、無麻酔での断角や除角...

耳へのタグ付け…

去勢は、カッターを使用するか、リンギングと呼ばれる、

睾丸の基部の周りに弾性バンドがしっかりと固定され、最終的には、腐敗して落ちるまで血液の流れを 制限する、無血去勢などを受けます。

… そして、アイロンで焼印されて、ブランド化されます。

病気になった牛は、通常、獣医師のケアが不足しており、 すぐに悪化します。

 

4日後

抗生物質、成長ホルモン、ビタミンやサプリメントなど、妊娠を維持するためのプロゲステロンなどの薬剤は注射されるか…

膣内に挿入されるか…経口的になされます。

牛はこれらのルーチンや、選別、妊娠チェック などの定期的なルーチンのため、ヤードシステムを介して、強制的に集められ,

牛たちの個々の注意力を潰すといわれている 拘束ボックスに入れられます。

 

「早く回転しろよ、間抜けなメスども」

「おい、このでかいクソのかたまり」

 

オーストラリアの総牛肉供給量の約40%と、主要な国内スーパーマーケットで販売されている 牛肉の80%は、

彼らのいのちの、最後の10-15%の期間を、不毛な飼育場に、群れで囲い込まれているもので、

生後18ヵ月で屠殺される前に、 穀物飼料を与えられて、太らせられます。

彼らはノックボックス(打額室)に強制的に 入れられて、そこから必死に脱出しようとします。

 

「おい、こら!」

「落ち着け、このクソおんな」

 

捕獲ボルトガンは、牛を気絶させる最も 一般的な方法ですが、小さなガンは、特にこのような大型動物に 対して効果がないことが多く、

痛みと可動性を限られたものにしますが、 無意識ではありません。

それほど一般的ではない、代替手段として、 ライフル銃を使うことがあります。

 

動物たちは、気絶されられ、屠殺される動物 を目撃することに加えて、

時には、と体処理さえも、ほとんどの場合、彼らの運命を、隣の部屋から、 見聞きすることを余儀なくされています。

妊娠中に屠殺された牛の、ウシ胎児血清(FCS)またはウシ胎仔血清(FBS) として知られている子牛の血液は、

製薬業界にとって大きな価値があり、1リットルあたり約600ドルで売れます。

 

牛や仔牛の皮は、なめし革工場に送られて 皮革に変わり、その大部分は海外に輸出されます。

皮は、肉を減らすことを目的とした、食肉産業の副産物であるという誤解が 一般的にあります。

肉と皮は共同生産物であるというのが、 はるかに正確であり、場合によっては、経済的な価値が高いために、

より多くの動物たちが、肉よりも皮をとるために、殺されています。

 

靴、ハンドバッグ、その他のアクセサリー用の 格安レザーは、オーストラリア、米国、欧州などに、

インド、バングラデシュなどの発展途上国 から、輸入されています。

 

牛はヒンドゥー教の宗教によって、 崇拝されているため、インドの29州のうちの24州では屠殺は、 違法とされています。

合法的に皮革用に、牛を屠殺するために、彼らはまず、数百または数千キロ離れた、

5つの免除国のどこか1つ、またはバングラデシュまで 国境を越えて、運ばれなければなりません。

この輸送は、ルートと牛たちの数次第ですが、時には何千頭にもなり、その多くは、 徒歩で行われています。

輸送の準備中、多くの牛が蹄鉄をつけられ、ロープをきつく、鼻に通されます。

疲れ、飢え、喉の渇きなどから、道沿いで 倒れてしまう牛も多く、鼻のロープを引っ張っられたり、 尾をちぎられたり…

杖で叩かれたり、唐辛子を目の中にこすりつけられたりして、 無理やり立ち上がらされます。

徒歩以外の輸送では、牛たちは、トラックの中や 外でごった返しており、彼らの角は互いに突き刺っていたり、骨は しばしば折れています。

屠殺場に運ばれた牛たちは、 お互いの目の前で殺され、気絶の処理をすることもなく、

生きたまま皮を剥がれるものさえ、 ある程度います。

 

有毒化学物質(六価クロムなど)に浸される 皮革のなめし作業は、がんや慢性皮膚疾患を引き起こす ことが知られており、

しばしば子供たちによって、行われています。

ロデオの基本的な考え方は、動物をより弱者の存在として、 物理的な制御と支配をすることです。

仔牛、去勢牛、雄牛が身体的に 暴れるよう刺激されて、観客の娯楽のために、

約240回のロデオイベントが毎年オーストラリア 全土で、開催されています。

通常は牛は非常に従順な動物のため、 尾を捻ったり、電気刺激棒で突いたり、さまざまな、身体的虐待が舞台裏で行われており、

同じように、金属製の拍車やストラップを 使用して腹部を締め付けたりして、彼らを跳ね上がらせ、ワイルドな動物に 見せています。

面白いショーのために、強烈さと危険さは 不可欠の要素であり、怪我を負うことは避けられません。

 

「4フィートもの牛を操り、立たせるのは、 ちょっと難しいようです」

「牛は自分の力で、地面から 立ち上がろうとしています。」

「言わせてもらうと、この牛は もはや全く、

ここで、このカウボーイのためにも、今夜の 観客のみなさんのためにも、協力していません。」

「まさに言いますが、彼はもう何も 求めていませんよ。」

「今夜のここでの競争のことなんて、 考えていません。」

「これらの牛はきちんと世話をされていない という考えは絶対にしてはいけません。」

「まったくもって、素晴らしい世話を されてるんです。」

 

子牛や去勢牛へのローピングや、 投げなわを使って、怖って逃げようとする動物を動けなく するように暴力的に激しく引っ張ることで、

一般的に打撲傷、肢骨折、角や頚部の痛み、靭帯の裂傷、内部出血、皮下組織の損傷 などが生じます。

 

-エコ, 畜産

Copyright© MASA mini Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.