エコ 畜産

Dominion 「アシカ&イルカ」全文書き出し

Dominion 「アシカ&イルカ」全文書き出し

以下、Dominion 「アシカ&イルカ」全文書き出し

 

使用:娯楽

 

アシカショーは、動物園で人気のあるアトラクションであり、たくさんの観客の前で、エサやりのトリックで、 アシカが芸を行うように調教されています。

「キミが食べている魚介類は、魚資源、雇用や環境を保護するのに役立っている 漁業の保証が付いたものです。」

ステージの裏側では、アシカは他の動物園動物のように、 小さな囲い檻の中で衰弱し、常同行動を繰り返して、同じ循環を泳いだり、 苦しんで叫び声をあげたりしています。

 

野生のイルカは、1日に65kmを移動することが知られており、食べ物を探していつも動いていて、群れの中で、遊んだりケンカしたりしています。

彼らは単独で、人間と意識を共有する偉大な海の人であり、自己認識の特性や直感と共感力をもっている という証拠を有しています。

捕らえられている状況では、これらの高度に知性的で、認知的に複雑な、 動物の行動的必要性のすべてを、提供することはできません。

 

オーストラリアのシーワールドのイルカの約80%は、捕獲されて飼育されてきたため、海に戻すことは 決してできず、彼らは、人間のために、毎日、芸をして、その報酬 として食べ物を得ることに、全てを費やしました。

イルカショーの前に、適切な空腹のレベルを 達成することは、上手く芸をさせるための、重要な考慮すべき事柄であり、公園内の最も人気のあるアトラクションであることは、 間違いありません。

毎年1億3,300万ドルを超える入場料のうち、たったの1%未満しか、イルカの研究、救助、リハビリテーションの 主な取り組みには、費やされていません。

オーストラリアの連邦政府は1985年に、これ以上、イルカのテーマパーク施設を 作ってはならず、すでに存在するものに関しては、段階的に 廃止されるべきであり、

捕獲されている鯨類がストレス、異常行動、繁殖問題、高死亡率、寿命が短く、苦しんでいる という証拠を受けた後、一見して、

彼らが状況に満足しているように見受けられても、 廃止すべきであるというルールを制定しました。

 

今日では、2つの施設がまだ残っていて、操業を続けることができる抜け穴があり、捕獲された動物から生まれた動物の 保護飼育や展示と、

救助された野生のイルカを繁殖し、リハビリをして解放する必要がある場合を 含めて、許可されています。

この救助、繁殖および解放といった慣習は、これらのパークが、イルカの遺伝子をプールして 引き続き維持することに許可を与え、

イルカのショーが継続でき、施設の扉が開いたまま であることを確実にしています。

 

オーストラリアのドルフィン パークでは、健全な野生のイルカを捕獲したり、輸入する ことはできませんが、

他の世界の動物娯楽産業が、現実には残っており、日本の海岸沿いにある太地町を、 共通の、イルカ捕獲地点にしています。

毎年9月から3月にかけて、何千ものイルカや、他の小型鯨類が、太地の静かな入江に、群れで集められ、地元の漁師たちによって、情け容赦なく 屠殺されており、

彼らはイルカを、収入源または害獣の いずれかとしか、みなしません。

イルカの訓練士たちが、漁師を手伝って、イルカたちを捕獲して、群れで集めており、屠殺するものから、少数のイルカを分けて選び、

猟師の代わりに、世界中の水族館やイルカの リゾート施設に輸送しています。

 

-エコ, 畜産

Copyright© MASA mini Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.