エコ 畜産

Dominion 「犬」全文書き出し

Dominion 「犬」全文書き出し

以下、Dominion 「犬」全文書き出し

 

使用:ペット・娯楽・研究・衣服

 

オーストラリア、EU、アメリカは、犬と猫の毛皮の輸入を禁止していますが、

調査によると、中国の犬と猫の毛皮は、キツネ、ウサギ、ミンクとして、間違ってラベルを 付けられていることが頻繁にあることがわかっています。

毎年、中国では約200万匹の犬や猫が繁殖飼育されており、家から盗まれたり、 道路から連れ去られたりして、

ワイヤーケージに押し込まれ、時には食べ物や水を与えられずに、数日間運ばれて、吊り下げられたり、流血させられたり、殴られたり、 首を締められたりして殺されており、

生きたまま皮をはがれることさえあります。

 

オーストラリアでは、毎年約45万匹の 子犬が売られています。

およそ85%は、非登録されたブリーダー からのものですが、最小限のその場での登録確認のため、

登録されたブリーダーでさえ、子犬工場を 運営しているかもしれず、純血統または、混合種犬の両方の子犬を産み出して、

ペットショップやオンラインで販売しているかもしれません。

 

これらの工場は、全く合法とされており、母犬は、不毛なコンクリートの小室や、1日23時間、妊娠を繰り返し続けるように、 小屋の中に閉じ込められています。

彼らは愛情や交際を交わすことを否定され、代わりに繁殖マシンとして扱われます。

何千ドルもの値段で売られている これらのかわいい子犬たちは、病気やその他の健康状態や、

行動障害に苦しんでおり、そうした状態の結果として、飼育場内で 死んでしまったり、何世代かの選択繁殖の影響を受けています。

 

「こんにちは、お元気ですか」

「はい、元気です、ゴールデンレトリバーは、もっと入りますか?」

「ええ、はい、ゴールデンレトリバーは、 もし、私が間違っていなければ、土曜日に来るでしょう」

「土曜日に来るんですね? あ、わかりました」

「ところで...彼らは何処から来てるんですか?つまり、その...」

「私たちは自分のところでブリーダーを持っているんです」

「子犬の農場ですか?」

「明らかにちがいますよ」

「あら、とてもかわいい!」

「いいブリーダーのものですか?」

「ええ、きちんと登録されているブリーダーです」

「そうじゃなくて...私は子犬の農場について悪いことを聞いていて...」

「それは子犬の農場のではない? 」 「明らかにちがいますよ」

「子犬の農場の子たちだと、本当に病気の子を買うことになりますよ」

「病気の子犬なの」

 

一方で、毎年推定20〜25万匹の捨て犬や捨て猫、 野良犬や野良猫が、国中のシェルターや収容施設で安楽死させられ、

その大半は健康ですが、それは望まれてはいません。

 

近年広く知られているスキャンダルが 数多くあるにもかかわらず、グレイハウンドレースは、大変、強大な

賭博とエンターテインメント産業として、 オーストラリアや世界各地で続いています。

急激な加速と極端なスピードで、これらの大型犬が、トラックを周り、ルアーを 追いかけることは、必然的に衝突、落下、けがを引き起こし、

筋肉の裂傷、靭帯破裂および足根骨折が、 最も頻繁に起こります。

毎週、オーストラリアのトラック上で、 最大200匹の犬が負傷していると報告されており、また、6〜10匹のグレイハウンドがトラック上で 死んでいるか、

その後に死んでいると見積もられています。

 

グレイハウンドは12〜14歳の自然な寿命を持っています。

レースのグレイハウンドは、18ヶ月齢前後で ”キャリア”を開始し、4歳半になると、終了します。

ニューサウスウェールズ州では、彼らのキャリアは平均して363日間しかありません。

オーストラリアでは毎年1万3千〜1万7千匹の若い グレイハウンドが殺されています。

ニューサウスウェールズ州で繁殖した9万7千匹の グレーハウンドのうち、2016年までの12年間に、50〜70%以上が、レースにはあまりにも遅すぎるか、

適していないとして殺されました

 

グレイハウンドの遺体の証拠から、非人道的な方法で、頻繁に殺されている ことが判明しており、

トレーナーは銃で撃ち殺したり、 こん棒で撲殺したり、獣医に安楽死させること以外の、 安いオプションを好みます。

犬の死体は、その後、私有地の敷地に投棄されたり、森の茂みに散在していたりすることがあります。

グレイハウンドを訓練する際、ルアーの餌として 生きた動物を使用することは違法ですが、普及しており、

2015年のニューサウスウェールズ州の調査では、トレーナーの85〜90%が、練習に採用していると言われています。

無数の恐怖にまみれた子豚、ウサギ、ポサム、 ニワトリ、子猫たちが、調教のために引き裂かれており、そうでなければ、

穏やかでよく眠るこの動物を、トラックを回って 走らせるように、調教することは出来ません。

 

-エコ, 畜産

Copyright© MASA mini Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.