エコ 畜産

Dominion 「豚」全文書き出し

Dominion 「豚」全文書き出し

以下、Dominion 「豚」全文書き出し

 

使用:食物・娯楽・研究

 

年間屠殺数:オーストラリア 490万頭 イギリス 1100万頭、アメリカ 1億1800万頭、 ニュージーランド 60万頭、カナダ 2100万頭、中国 7億1500万頭

1960年代、オーストラリアには約5万戸の 養豚場がありました。

今日では、1400戸未満ですが、

食糧のために飼育され、屠殺される豚の 総数は、増加しています。

2015年現在、49ヵ所の農場に全国の豚の 60%が収容されています。

食用のために飼育されるほとんどの豚は、 その生を分娩用クレートという、小さくて、標準的とされる檻で、

子豚たちが母親である雌豚から授乳で きるように設計されており、その檻で、母豚は、身動きができないようにされています。

 

子豚たちの中で、死産またはミイラ化する頻度は、

一般的に増加していますが、牝豚から一度に生まれる 子の数は減少しており、養豚業界の促進策によって、大きな子豚を産む ようにされています。

生まれた子ブタの10~18%は、離乳時まで 生きていることができず、病気に陥ったり、飢えや脱水症が起きたり、母豚によって、あやまって 押し潰されたりしています。

経済動物としては役にたたないとみなされ、作業員に殺されたりした子豚も、離乳までに 死んだものとして、数えられています。

 

最初の数日間を生き残った子豚は、 麻酔などされずに、痛みのあるまま

カニバリズム(共食い)などを防ぐために、 尾と歯を切り取られ、個体管理のために、耳の一部を切りとられたり、 タグを装着されます。

彼らは3~5週齢で母豚から引き離され、ほとんどの豚は、5ヶ月前後で屠殺 される運命にあります。

彼らは成長するに連れ、糞尿にまみれ 混雑している群飼い檻に移されます。

 

 

カニバリズム(共食い)

いくつかの雌豚は、繁殖サイクルの中で、 雌豚を置き換えるために維持されており、

たくさん子豚を生産する能力がありそうな 牝豚か、注意深く選択されています。

ほとんどの養豚場では、自然交配ではなく 人工授精を利用しており、1頭の雄豚から30-40頭の雌豚を妊娠させる ことができます。

作業労働者は、雄豚をマスターベーション して精液を集め、豚のコウノトリと呼ばれる隆起した カテーテルを介して雌豚に挿入します。

雄豚は授精に先立って牝豚を興奮させるために、 全く物理的に使用されていますが、。実際に交尾することはできません。

 

妊娠したことが確認されると、その牝豚は 2種類の狭い檻の、どちらかに移され、ほとんど16週間の間、妊娠出産のために そこで過ごします。

妊娠ストールは個別の檻で、分娩ストール と同じように、牝豚は、前後に一、二歩の身動きが 出来るだけで、振り返ることはできません。

徐々にオーストラリアの養豚場の大部分が 豚の妊娠ストールを段階的に廃止しつつありますが、

牝豚を拘束するための妊娠ストールは、完全に合法であり、自発的な制限の5日間より長く使用することに対する 罰則はありません。

 

これは、欧州連合(EU)の見かけ上の「禁止」 に似ており、じっさいは、種付け後、最大4週間は、 妊娠ストールを許容しています。

選択肢が与えられているとき、 豚たちは、排尿を、自分たちが、寝たり食べたりする 場所から、遠ざけてします。

極端な拘束は、重い心理的な犠牲を伴います。

 

別の群飼育の方法では、小さなコンクリートの監禁檻に、 妊娠した牝豚たちが集まっています。

スペースの欠如や、適度な刺激がないと、 豚が攻撃的になる可能性があります。

床の隙間から排水溝に落ちた豚は、排水の中で飢えたり溺れたりします。

出産予定日の1週間前になると、彼らは分娩ストールに移されて、そこから、次の残りの4〜6週間を過ごします。

運動できないと、雌豚の筋肉が弱くなり、起立したり、横たわったりするのが難しくなります。

最小限の筋肉の運動をさせるために、作業労働者に 少なくとも1日1回以上、立ち上がるように強制されます。

(皮膚にひどい炎症、ただれている雌の豚)

彼女はスコップなどの硬い面などで叩かれ 圧痛による炎症を発症するでしょう。

さもなければ、繰り返される分娩やひどい状態からくる… 肉体的な歪みからの臓器脱出症や感染症...

…また、部分的な麻痺につながり、

彼女がケージの前で、食べ物や飲水するのを妨げ…

… そのままケージの中で、死に至ることさえあります。

子豚が病気になって死ぬと、 母豚は、なすすべもなく見守り、また、作業労働者によって不具にされたり、 虐待を受けて、子どもを奪われます。

牝豚は、交代するまで、このサイクルを、 2年間で4回続け、屠殺されるか、もしくは養豚場内で、そのまま殺されて、捨てられます。

 

「放牧で飼育(フリーレンジ)」という言い方は、単純に 豚が、密室でない屋外施設で生まれたことを意味しますが、

他の養豚場と同じく、残りの生を養豚施設で過ごし、過密飼育や健康、行動問題に直面して、その間に、自身が動くために使う膝を、 悪くします。

本来10-12歳まで生きられる大部分の豚は、 わずか5-6ヶ月で、養豚場から輸送トラックに詰め込まれ、

長距離にある屠殺場まで運ばれる間、食物、水、極端な暑さや寒さからの、 保護などありません。

屠殺場では、小さなコンクリート製で金属に 囲われた繋留場で待つことになり、典型的には一晩中、彼らには食物はなく、

飲水は制限されているか、全く飲めません。

 

朝になると、彼らは強制的に、屠殺が 行われるフロアに、しばしば、電気プロダー(刺激棒)を使って集められます。

オーストラリアで、豚をスタニング(気絶)させ、 屠殺する方法として、最も人道的で効率的な選択肢として勧められ、

ほとんどの主要な豚の屠殺場で使われている共通の方法は、二酸化炭素ガス室を、使用するものです。

ケージを回転させるこのシステムは、完全に意識のある豚を、 一度に2-3頭ずつ集中して、二酸化炭素ガスが充満している室内へ降ろしていき、

眼、鼻孔、鼻腔、喉、肺を窒息させながら、死に至らせます。

二酸化炭素の濃度が低いほど、痛みや ストレスは少なくなりますが、豚を無意識にするまでに、時間がかかり、

経済的な有用性がなくなります。

 

牝豚は一度に一頭ずつガス室へ、 ゴンドラで送られます。

その大きさのために、ガスは効果が少なく、何頭かは、部分的に意識があるまま出てきてしまい、

その場合にはさらにその後、電気ショックで、 気絶させられます。

その後、ガス室の反対側へと体をひっくり返されて、豚は、喉元を切られて放血させられます。

小規模な食肉処理場で使用される電気的な気絶は、失敗が大変多くなる場合があります。

誤ったアンペア数、気絶作業者の位置、 気絶に適用された時間の長さ、または、喉元を十分に素早く切断できない場合、

豚は単に麻痺して動けない状態で、痛みを感じることができ、放血中に意識を回復します

(喉を切られても、瞬きをしていて、呼吸をしようと必死な豚)

瞬きや律動的な呼吸は、意識がある という強い指標です。

一頭ずつ、彼らは、お互いの目の前で屠殺されます。

 

 

捕獲用ボルトガンは、小規模な食肉処理場によって 使用される、別の選択肢です。

さまざまなタイプの貫通力のある銃口があり、 動物の頭蓋骨に発射して、

脳を永久的に損傷させ、意識を回復させないようにし、貫通力のないボルトガンは、ハンマー で叩いたような鈍的な外傷をもたらします。

効果的なスタニング(気絶)は、銃口に角度をつけて、頭の正しい部分に、配置することを必要としますが、

頭が拘束されていないと、難しいことが多いです。

 

いっしょにいた仲間が目の前で殺されるのを、 目の当たりにしたり、床の上の、血の匂いを嗅ぐと、

彼らはノックボックス(打撃箱)に入ることを 嫌います。

ボルトガンは、雌ブタのような大きな豚には、 あまり効果がありません。

「落ち着け、クソ野郎!」(男性が叫ぶ)

そのために、ライフル銃を、代わりに使用する ことができます。

この場合、精度はさらに難しくなります。

豚は放血された後、熱湯のタンクに落とされ、肌を柔らかくし、毛や髪を取り除かれます。

気絶されずに適切に殺されなかった豚は、 最終的に溺死によって、死にます。

廃棄物である 皮、骨、蹄、腸および脂肪は、副産物として、レンダリング工場に運ばれ、

食品添加物、石鹸、潤滑油およびバイオ燃料、またはゼラチンのような、他の製品の原料に使用されます

 

 

野生ブタは、最初の艦隊によってオーストラリアに導入され、現在では、国内でおよそ40%が主に、

クイーンズランド州とニューサウス ウェールズ州に、 生息しています。

「豚追い犬」の練習では、ハンターらが、 攻撃的に訓練された犬を放し、生きている野生豚の足跡を追跡させ、

野生豚に噛みつかせて、さし止めさせておき、ハンターが追いついて、ナイフで仕留める狩りをします。

野生豚が害獣動物と宣言されているにもかかわらず、ハンターが若い子豚を解放するのは、珍しいことではなく、

国立公園に入れて、後でまた彼らを狩ります。

 

-エコ, 畜産

Copyright© MASA mini Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.